きのうの果てに、、、

統合失調症の姉、うつ病だった夫、そして生き方の不器用な息子との毎日

 

MUSIC

樹理 綾香      今はこれを聞いているよ↑

FAVORITE

クック ななんののレシピ、載せてるよ 見てね!

CHINEMA

映画『TIME/タイム』 Time.jpg ←今度絶対に見に行く!

プロフィール

nanann

Author:nanann
ななん50歳、、、。
53歳の主人と
大学4年生の息子、大学2年生の娘
との4人暮らし。
階下に義母が別棟で住んでいます。

2009年の秋に母が81歳で他界しました。
片道40分のところに住む、ひとり残った父も
やっと母のいない毎日に慣れてきたようです。

こんな毎日ですが、
これからのこと、色々と綴っていこうと思います



2007年10月23日以前の日記は
お引越しに失敗して
写真が全部消えてしまい
ました。26日以降は
頑張ってアップします。
f_04.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

母のこと 

また今日のお弁→19.11.30お弁今日はおにぎり





母の通院の日。

今日は11時で遅い診察時間だけれど、それでも少し早めに
実家に着くようにするには8時過ぎに家を出なけれないけない。
実家に行くと案の定すごく薄着で出かけようとスタンバってる
母がいた。

あわてて中二階の衣料ケースから上着を探す。
先日防寒具を出そうとしたら自分でやるから触らないでと
いったくせに全然やっていなかったことに気づく。

コートを着せ、マフラーを巻いてあげて手袋を渡した。
玄関を出る時どうしてもおしろいと眉墨と口紅をするっていってきかない。
先生が顔色がわからなくなるからお化粧はしてはいけないと
言っていたけれど、そんな母がいじらしくて少し待つことに、、、。
そのあと母はそのままタクシー乗り場までシルバーカーで歩いて病院へ。
以前体が痛い痛いと言って精密検査をした時の母が
信じられないといった感じだ。

行きは急いでいたのでタクシーだったが、帰りはバスで帰るという。

バス停に行く途中のカフェにも寄って二人でランチ。
とても元気な母に感謝、感謝の気持ちだ。

母の笑顔、母のおしゃべりが今の私にはすべてのパワーの
原動力になっているといっていいくらいうれしい。
マザコンと言われてもいい、私は世界で一番母が好きなのだ
(父も大好きだけど)。
母の好きなサーモンのサンドと私の注文したローストビーフのサンド↓
母とサンド



母はやるせない病院の素敵な先生のために
お化粧以外にもなんと指輪をして来ていた!母の指輪



ぬけめない!


そんなこんなでダーをたくさん一人にしてしまった。

私が実家に帰っている時は漫画喫茶に行っていたという。
私がいつもそばにいるのももしかしたら気づまりなのかも、
羽を伸ばしてゆっくりしたのだったら嬉しいな。


さびしい思いをさせてごめんね(面と向かっては言えないのだけど)
晩御飯は酢豚といかのバジリコ炒めにしたよ。↓
19.11.30A19.11.30B19.11.30C


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


スポンサーサイト

category: 心と介護

thread: 大切な人がうつ病 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 3

ダーと散歩 

また今日のお弁→19.11.29お弁


なぜだろう、ジョギングに出かける時は平気なのに、
実家に行く時はなぜかあなたを一人にしておくのが心配になる。
今日はさすがに実家近くにダーを夕方呼び出し一緒に散策することに、、、。

実家に出かけ、父親をお風呂に行かせ、
持っていったお惣菜をあらかた容器に移し
母と運動靴を買いに出かける。

先日行ったデイサービスのヘルパーさんが母に
今度は運動靴できて下さいと言っていたのだ。

私が一回でもうデイサービスにはいかないと言っていた母を説得し
もう一度だけ行ってみて考えることにした。
そのための運動靴、、、。
母は運動靴なんてカッコ悪いわと言いながら何回も
何を買いに買物に行くの?と繰り返し聞いた。
幸いマジックテープでは絹儀が出来るタイプが売っていた。

それを買って少しシルバーカーでデパートまで散歩。
最近の母は一時すごく具合が悪かった時に比べて
だいぶ楽なように見える。

父も母もなかなか良くならないダーを心配し、
そして病気のことも良く理解していた。
まぁもちろん嘆くこともあったりはするが、、、
心の病の難しさを特にに父は知っているのだ。
帰り、○妻橋のところでダーと待ち合わせをした。19.11.28浅草A

19.11.28浅草B実家の近所を軽く散歩した。



ダーの歩く速さ、目の動き、私の話しかけに対しての
返事のあるなしで、ダーの体調を判断する、、、。

そしてそれを気にして一喜一憂してしまう。

結局、一時間ほど散歩して、あなたのお気に入りの
神○バーに立ち寄り、電気ブランを注文。
このときだけあなたがふっと優しい表情になった。

チケット制で前払い方式、、、。19.11.28浅草C

まるでデパートの食堂のようだけどこの支払方法が気楽で良いのだ。
電気ブラン一杯260円というところも手ごろでいい。


気持ちだけでもクリスマスになりたくていろいろ飾ってみたよ。
クリスマスAクリスマスBクリスマスCクリスマスDクリスマスE


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


category: 心と介護

thread: 大切な人がうつ病 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 3

鬱の前、、、その後 

また今日のお弁→

母は今日、デイサービスに初めて行ってきたのだけれど
電話でどうだったか聞いてみたらもう行くのは嫌だという。
同じ紙芝居を二回も見させられ、おじいさんの下手なカラオケを
何曲か聞かされて疲れたのだとか。

そうだね、、、そんな一日だったのか、、、。


でもみんな初めて行った日からそこが気に入るというお年寄りっているのか。
最初はまだお友達もそんなに出来ないし、、、。

でも母の気持ちを考えると本人の気持ちを尊重して
断った方がいいのかとも思うし、、、。

あともう一回ぐらいは行って欲しいなぁ。

ダーは朝9時ぐらいに起きてきて一日中ベットにいる。
朝食の後お腹が空かないらしく最近は昼食は食べない。
テレビも見ない、、、パソコンは体重などのデータを入力するのみ、
本も読まない、、、。

機嫌は悪くないのだけれど、、、
本当の意味での鬱の中を漂っているようだ。

発病する前、ダーはほとんど家にいない人だった。
会社に行く前にジョギングをし、休日ごとに夜明け前に
起きてロードレーサーに乗って仲間たちと遠くまでツーリングに出かけていた。
一日140キロ近く走ってどっぷりと日が落ちてから帰ってくる。
そしてまた仕事、、、。
そんなハードな生活に思わず私もあきれてしまうほど、、、。

最近はロードレーサーに夢中だったけれどそれに目覚める前は
5~6年ぐらいマラソンにはまっていた。

いま私がマラソンに夢中なのもダーに教えてもらったから。
二人で良く大会に参加し、あなたはハーフ、私は10キロのコースに
参加したものだった。

カクテルが好きで会社の帰りのショットバーにたまに寄ったり、
家で自分で研究して作ってみたり、
ロード仲間とオフ会を企画して幹事を務めたりと、
引き留めてもじっとしていられないタイプだった。

そんなダーが発病してずっと家にいてベットに横たわる毎日が、
もうかれこれ一ヶ月以上続いている。
そしてこれは二回目の発病なのだった。

私自身、そんなダーにどう接して良いかわからない、、、。
もちろん、あなたの病気を治そうなどとそんなことは
もうとても無理なのはわかっている。

でも、、、
せめて明るくあなたの心をいやせるように接したいのに、、、
私自身も口数が少なくなり、だんだんとこんな毎日が続く中で
笑顔が少なくなってきてしまった。

心の中で醜い考えが膨れ上がる。
会社の経営悪化で心労が重なり夫が発病するまで
数日と掛からなかった、、、。
そのほんの何日か前までダーは休日ごとにロードレーサーにのめりこみ
会社のパソコンでブログを書き、
全く会社のことを考えていなかった(ように私には思える)
それなのに、そんなことが起きてしまうならもっと前から
真剣に何故いろいろ取り組んでいなかったのか。
少しは予期できたのではないか。
まるで蟻とキリギリスのキリギリスみたいじゃぁないか、、、。


ああこれではいけない、、、
こんなことを考えていてははますますあなたを
追い詰めてしまうのかもとも思いながら、、、
こんな自分をどうすることも出来ない。


なんで笑ってくれないの?
私が何をしたっていうの?
なんでそんなに弱いのよ!
私だってあなたと同じ位苦しんでいるのに、、、。
と言ってあなたに泣きつきたくなるのだ。

こんな時、うつ病の家族を持っている人はどうしているのかしらと心から思う。
皆自分自身の不安を押し殺して強く明るく頑張っておられるのだろうか、、、。



旦那様がうつ病の場合、、、生活面の不安はとても大きいと思う。

このままどうなってしまうのかという不安が、
きっと私の顔にも出てしまっているのかも。

こんな毎日、、、本当にいつまで続くのだろう。

これからもダーと二人きりの途方もないやりきれない時間が、
私の前には横たわっているのだ。

死んでいるような目のダーをココの散歩に誘ってみた。19.11.26B


空を見上げて深呼吸をひとつしてみた。19.11.26A

この思いが空まで届いて、明日はあなたが微笑んでくれますように、、、。



↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 心と介護

thread: 大切な人がうつ病 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 6

空回りして疲れたこころ 

娘の部活の発表があった。

渋るダーを何とか連れだし、電車に乗って東京のホールへ。
発表を見た後サーヤに会わずに帰るとあなたは言う。
ホール周辺を散歩してお昼でもどこかで
食べていきたかったけれど、あなたの心の重さを考えると
一緒に帰ることにした。

途中サーヤから、
「なんで帰っちゃうの?みんなで撮影があったのに。
いて欲しかったのにな、、、。」と、メールが、、、。

私だけでもいて一緒に撮影にに参加したかった。


独りよがりな考えが頭をよぎる。

結局あなたにとって何の気分転換にもならなかったのかも。
私だった気晴らししたかったのに、、、。
あなたを誘わなきゃぁよかった、、、。
またあなたと二人の家での長い時間が始まってしまう、、、。
こんな毎日はもう嫌だ、、、。

、、、と、

いろいろな考えがぐるぐるして
夕食も作らず寝込んでしまった。

あなただって辛いのに、、、。
好きで早く帰ったわけではなかったろうに、、、。

昨日言ったような笑顔なんて理想じゃん、、、。

全然できてないじゃない、、、。

その夜はダーとギガで何とか冷蔵庫のものを取り出して食べてくれた。
サーヤは外食で10時半に帰ってきた。
私はそんなことも知らずに翌日まで寝ていた。

ごめんねーダー、。
翌日起きてきたダーに早々に謝った。

昨日はどうしようもなく、心が疲れていたんだ。
たくさん寝たら心がとっても元気になっちゃったよ。

そんな私を、ダーはすんなりと許してくれた。

今日は筑前煮とカレイの煮付けにしたよ。
沢山食べてね。20071125081100.jpg20071125081029.jpg


20071125081112.jpg20071125081043.jpg

きぬかつぎはほくほくでおいしいよ。


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 心と介護

thread: うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - janre: 心と身体

TB: --    CM: 7

笑顔 

ずっと悩んでいた。


書きたいこともいっぱいあった、、、。


でも、それ以上に無気力で
パソコンも開かないくらい心を閉じていた。


ダーはだんだんと病んでいくのが目に見えてわかる。

傍で見ていて、本当に、本当にどうすることもできなかった。

一日の大半をベットで過ごすあなたを、どうすることもできなかった。

あなたが少しでも話せば、、、良くなったのかもと思い、心が弾んだ。

あなたが私の問いかけにも答えず、ずっと無言で
ただただ落ち込んでいる時は、私も、それ以上に落ち込んだ。


子供が帰ってくれば悟られまいとした。

父にも、母にも泣き言を言いたくなかった、、、。


何を、何を励みにしたらいいのだろう。

どうしたらこの時間を乗り切れるんだろう、、、。


そんなとき、、、ふと気がついた。

そうだ、どんな時も私は笑顔が好きだった、、、。

それはずっと昔から。

例えば姉の病状が悪化してどうしようもない時、
いつも母が私を励ましてくれた。

今、思うと不思議だったのだが、
その時そんな場合ではないのに母はいつも笑顔だった。

そのために、未来に希望を持てなかった私は、何度も救われた。

母にとってわが子である私の姉が
心の病でどうしようもならない時、
母はよくわたしをはげますような力があったなぁ、、、

ねえ、、、なんでその時うつ病にならなかったの?
と母に聞いたら、
だって何とか姉を治してあげたいと思っていたから、、、
自分まで病気になっている暇がなかったのよと
今更ながら教えてくれた。

今、その母がうつ病になってもう笑ってくれない、、、。

そしてダーももう微笑まない。

そうだね、、、やはり私もあのころの母のようにならなきゃぁ。

うつ病の愛するあなたを治してあげたい。

そしてそのために自分に笑顔が欲しい。

そんなとき、娘が私に手紙を書いてくれた。

「おかあさんへ、、、さいきんいつも悲しい顔をしているね。

無理に笑ってとは言わないよ。

でも何かあったら私に話してね。

お母さんの笑顔が無いのが、本当は一番つらいと思っている、、、

そんなサーヤより。」

サーヤがこんなことを思っていたなんて、、、
そしてギガもきっとうすうす感じているのだろうな。

大丈夫、、、。

昔のわたしの母が強かったように、、、、

いま私も強くなるね、、、。

あなたたちが大人になるまで、、、


昨日と今日のお弁→20071122183617.jpg20071122183648.jpg


父と母に昨日持っていったお惣菜。↓
             20071122184451.jpg



母は配食サービスは週3回にして貰った。
私がおかずを作って持っていっても
また二日後に行けば冷蔵庫は空になっている。
それではとても心配だ。
来週からデイサービスも週一回いってもらうようにした。
デイサービス、気に入ってくれると良いなぁ。



仕事ななんとか週二回でまわっている。
生活介助の方と、起床からデイサービス送り出しの方。
お二人とも高齢なのに頑張っていてすごいなぁ。



ここ何日かで読んだ本↓
20071122192637.jpgダンナがうつで死んじゃった

       20071122192645.jpgうつ病の妻と共に


心にずんときて気持ちが震えた。


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


category: 心と介護

thread: うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - janre: 心と身体

TB: --    CM: 5

今日、、、 

ダーと二人でゆっくり過ごすはずが、、、

たくさん、、、ほんとたくさん、、、泣いてしまって、、、

どうしたのだろう、、、

またダーを追い詰めた。


もうきょうはここまで。


もうだめ、、、


ダーを支えられない、、、


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 主婦

thread: 不安定な心 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 4

今日は行けない 

昨日の晩御飯↓
19.11.13a.jpg19.11.13b.jpg
            
19.11.13c.jpg19.11.13d.jpg



娘がハイネックのノースリーブシャツを
「今週中に作って欲しい」と
赤い生地を持ってきたのが先週の水曜日。
何とか土曜日に間に合わせて持たせた。

すると、昨日も何やら黒い生地を片手に持って
お願い顔の娘がいる。
今度は巻きスカートを今週中らしい。

うーん、作るのは嫌じゃないしそんなお願い顔されると
サーヤのせいではないのだけど、
部活の顧問の先生ももっと早く生地とか頂戴よ。

今日生地をもらって三日後にはほいって巻きスカートを
渡せるほど洋裁上手でもないし、時間もない。
型紙を切って生地に当ててあいじるしを付けて布を経って
仮縫いをしてミシンを掛けて、、、
結構大変な訳よ。それだけやっていていいと
いうなら良いんだけどね。
まあ今度の大会はこれを着て頑張ってよ。20071114091449.jpg

頑張って作るからさぁ。

今日は実家にいけないかも。
一日おきに実家に行くのって結構大変なことがわかった。
今週は木曜日と土曜日にヘルパーの仕事も入っている。
母を皮膚科とインフルエンザの注射にも行かせなくては。
今日は本当は実家に行きたいところだけど、
ダーとなるべく一緒にいたいし、あと
トイレの修理の人も来るし、巻きスカートも作りたいから、、、
金曜日まで待っていてね。
両親の木曜日の夕食は配食サービスが届くように
なっているので安心だ。

最近父は83歳にして携帯に目覚めた。
私も父もauなのだがこのあいだなんか
「ななん、どうしてCメールとEメールがあるのか、
その違いはなんだね」とか、携帯の電卓を使って
みたいんだがどうしたらいいかとか
写真を送るのはどうやったらいいかといか。
私に聞いては携帯の賢さに感心しているようだ。

でもいつも携帯をいじっているせいか私の所に
用もないのにアクセスしてしまう。
先日もお風呂に入っている時にダーが実家からの
携帯が鳴っているっていうので慌てて出てみたら、
間違えてかかってしまったらしい。
ふぅ~。まったく。
でも携帯に興味を持つことはとてもいいこと。
上機嫌で携帯をいじる父を、まるでおもちゃを
与えられた子供のようで、とてもかわいいと思ってしまった。

↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 心と介護

thread: 介護 - janre: 福祉・ボランティア

TB: --    CM: 3

両親の食事事情 

とりあえず今日のお弁→20071113105646.jpg(ぴんぼけ)

お兄ちゃんは特大おにぎり3個。
おにぎりの方が早弁もできるしなにかと便利なんだそうだ。


二日間実家にいけなかった。

母の体の痛みは大分治まったようだけど、
今度はあれほと話し好きだった母が何も言わず
ぼぉーっとした状態でテレビを見ている時間が多くなった。

冷蔵庫を開けてみると案の定空っぽ。
途中で買い物しておいて良かった。
あと腐りかけの野菜や果物、期限が切れてしまった物など
あわてて調理をした。いそいで作ったおかず↓
          20071113104924.jpg20071113104938.jpg

そのあとざっと掃除をして母と車いすで初めて散歩に出る。
晴れた空はとても高く澄んでいて悲しいほどきれいだった。

母は車椅子で遠くまで行けて嬉しい様子。
何度もありがとうと言ってくれた。
私も車いすだとなんとなく安心、、、
本当は本人の運動のためにはあまり良くないのだけどね。
今度調子のいい日は途中まで母に車いすを押してもらって
あと疲れたら乗ってもらうことにした。

娘が自分でアイスクリームを作った。→20071113105514.jpg

なかなかの味。マリービスケットが入っているので美味しい。


父がこっそり週一回の配色サービス、
二回にしていいよと言ってくれた。
父も疲れているのだ。


あと気になるのは母のおしりの床ずれのこと、、、。
皮膚科に早く連れて行かなくては、、、。


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


category: 心と介護

thread: 車いす - janre: 福祉・ボランティア

TB: --    CM: 2

心の病 

姉から携帯の留守電。
たばこを2カートン至急送って欲しいとのこと。
確かこの間言われた通りノートを10冊と
ボールペン3本を送ったばかりなのにそれに
対するコメントも何もない。
まるでものに取りつかれてしまったような話し方をする。

こんな姉だけど高校生ぐらいまではまだ発病せずに
はつらつとしていたのだ。


それからの姉の発病、入院、退院後、母への
異常なまでの暴力、
夜昼逆転の生活、それによる生活の崩壊、、、。

だから私の中で統合失調症ばかりは
とても大変で理解できない病気だと思っていた。

周りを巻きこみ、混乱させ、、ときに暴言、暴力まで、、、。

だから以前は欝病と聞いてもなんかよくわからなかった。
自分の中で苦しみ、ときに自殺までしてしまう、、、。
でも他の人に危害を向けないというところで、
統合失調症よりはいいし事件性もなくいいかなどという
とんでもない間違った考えがあった。

今周りの家族がうつ病になって、、、
初めてうつ病の恐ろしさを知った。

生きているのに、まるで生きているのが
苦痛で無理やり生かされているような世界で、
楽しみも、希望も、欲望も、食欲も、笑顔も、
意欲も、元気も、夢も、、、
すべて吸い取られてしまったかのような抜け殻状態で
ただただ時間だけが過ぎていく、、、。

そんな苦しい病気は辛すぎるということ、、、。

姉の病気は、いつ、次の日の新聞の一面に
自分の家族の障害事件がのってしまうのではないかという
恐怖があった。

そういう根拠のない突発的な苦しみではないけれど
鬱病はいろいろな本人の心の苦しみがわかってしまうだけに
心配が尽きない。

昨日、ギガの学校の父母会に言ってハッとした。
子供達に全然目が行っていないなかったこと。

ギガは先日の学園祭で活躍し、頑張ったこと。
高校二年生の立場で三年生の分も役割をこなして
自分の進路も何とか考えて毎日学校で頑張っている。
先生のところにもこれからの進路のことで何回も
相談に行っているということ、、、。

ごめんね、、、こんなお母さんで。
だから頼れないんだね。お父さんにも聞けないしね、、、。

先生に最近のギガの高校生活の様子を聞いて
いろいろ知らなかったことが多かった自分に気づく。
お母さんの大変な様子を、きっと本人なりに
わかっているんだということを先生は言ってくれた。

最近涙腺が弱い。
先生との個人面談の個室で思わず号泣してしまった。
先生はどう思ったのかな。

ごめんね、もっと強くなるからね。

母のもとに車いすが届いた。
たった一万円で購入出来ちゃった。
これって良くない?(高校生風に発音して)KC370015.jpg





↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


category: 心と介護

thread: うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - janre: 心と身体

TB: --    CM: 2

無理矢理な一日 

一日中パジャマを着てベットに横たわっているダーは、
一人でゆっくりしたいのかもしれない。
孤独と絶望の淵にどっぷりとつかっていたいのかもしれない。
でもそんなダーを一人残して出かけていくことが
自分の中で耐えられなかった。

さすがに母を病院に連れて行かなければいけない今日だけは
そうしなければいけない。

さてどうしようか、、、。

よくよく考えて、母は今日は血液検査はなくて
精神科の診察だけなので、本人を連れて行かず
私が父から聞いた母の状況を先生に言って
薬を貰うことにした。


ダー一緒に行かない?

母は連れて行かなくてもいいの。

薬を貰いに行くだけだから

散歩気分で付き合ってよ。


心の中が心配でドキドキしている。
私のいない間に変な気でも起こして
自殺してしまったらどうしよう。
物事を悪いように考えてしまうのは私の悪い癖だ。

うーん、、、ダーは困っている。

そんなこんなしているうちに
目の前のだーが揺れて見えてきて
涙が出て来て止まらなくなってしまった。

ああ、
またダーを困らせてしまった、
またダーを追い詰めてしまった、
鬱が悪化したらどうしよう、、、

頭の中がぐるぐるしてきた。

そうしたらダーが一言、

行ってみようかな、、、。

結局私の涙のせいで、ダーは行くことになった。

まず二人だ実家に行き、だーは外でまっていてもらって
診察券と保険証を貰い、病院に一緒に行って
薬を貰って何とかやらなくてはいけないことが終わった。

病院の周りは昔ながらの下町。
古いお酒屋さん、珈琲屋さん、おせんべやさん↓
19.11.9F.jpg19.11.9G.jpg19.11.9D.jpg


狭い路地19.11.9C.jpg

絵を飾っている花屋さんがひっそりあった。19.11.9B.jpg


母と以前行ったことのあるレストラン○モに入る。
19.11.9E.jpg軽いランチもなかなか、、、。

お店の人が海老が食べれなかった母のことを覚えていてくれた。


帰り姉が以前入院していた病院の前を通る。
母がいつもそのお見舞いの時に通っていた道。19.11.9J.jpg

ここを通るたびに母は辛かったあの頃ことを思い出すという。



今度はダーと、どこへ行こうかな。


↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


category: 紀行文

thread: 鬱病 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

気晴らしに、、、 

またとりあえず二日分のお弁をどん↓
19.11.6.jpg19.11.8.jpg


ずっともうベットに横たわってばかりいるあなたの気を
なんとか紛らわそうと二人で出かけることが多くなった。

江戸川のほとりでこじんまりとやっているフランス料理のお店。
確かダーが欝になってしまったばかりの時も二人でここに来た。
こんな値段でいいの?みたいな安いランチなのに内容はとってもいい。
おまけにワイン一杯を頼んだのに、二杯目三杯目まで
ついでくれてしまった。
この日の日替わりは牛の頬肉のソテー
20071109235134.jpgスープがコクがあってとてもおいしい。

頬肉はとけそうなくらい柔らかい。20071109235148.jpg

20071109235202.jpgクロワッサンをおすそ分け!

デザートも何ともいえないお味20071109235215.jpg

20071109235251.jpg


そして最後はお決まりのシェフのピアノの弾き語り。
20071110000231.jpg20071110000241.jpg

シェフは心から料理が好きな人なんだなぁ。
壁に掛かっている絵もシェフが書いたもの。
人生がさぞかし楽しいことだろう。


そして東京都現代美術館にも足を伸ばした。
うーん、とってもアートだ。20071110001145.jpg

最近こういうところでこういう時間の過ごし方を
したことが無かったなぁ。





疲れ切った表情のあなたにひとこと言ってみた。
      「会社、、、辞めちゃえば?」




↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 紀行文

thread: 壊れそうな心 - janre: 心と身体

TB: --    CM: 2

母と老いと 

とりあえず昨日のお弁→19.11.2.jpg




母の体が格段に弱くなっている。


何時も身体の背中の方が痛い痛いと言って身体を少しでも
動かすと痛いのか奇声にも似た叫び声をあげる。
もう生きているのも辛いといった感じだ。

CT、レントゲン検査、血液検査、、、。
カラダ全部を検査してもらったのにどこも何も悪くなかった。

認知症の診察もタクシーで病院に行き、
診察してもらうまでがまたとても大変な時間を要するし、
本人はとてもつらい感じ。

簡単な質問が30分ぐらいつづいて
MRIの脳の検査の予約を入れた。

動物、モノ、花の三つの名前を一つづつ言って
本人に覚えてもらい
あとで聞くからという。
今日の年月日、季節、本人の年齢、誕生日、住所。
終戦の年、などなど、細かい質問がいくつか、、、。
印象的だったのは一行程度の文章を書くというところで、
もう母は字が完全に書けなくなっていた事。

そういえば何カ月か前から、母は今までの人生で
一度も欠かしたことのなかった日記を完全に書かなくなっていた。
去年うつ病になった時はかくのが辛いとは言っていたが
それでも一行っであっても毎日書いていたのだ。

ああ、もう完全にきっと認知症カアルツハイマー症
(この二つの区別がつかないのだが)とかという診断結果になりそう。

最後、先ほど覚えてもらった三つのものを言ってください
と言われ、母はそんなことは知りませんと言った。

痛みのせいで辛いのか、本来の人格が高齢によって
壊れてしまったのか、
やたら怒りっぽくなってしまった母。

病院でも自分で車いすを降りようとして私に止められ、
余計な御世話だ、ほっといてくれと言いながら
私の手を振りほどいたり叩いたりする。

痛みに叫ぶ。あんたなんか小言ばかり言う悪い人だから
あっちに行ってとか人前で行ったりする。

母は起きている時はまるで悪い夢にとらわれているかの様だ。

夜10時ごろ寝て、一番ゆっくりしている時は
午後の3時ぐらいまで寝ている。
お尻にできた褥瘡は、濃いあずき色になって
ますます広がっているようにも見える。

そして食事もほんの小さいノリ巻き一つでも
お腹いっぱいだという。


そんな中、ポータブルトイレが届いた。
20071105085752.jpg母の好きな紫色だ。



もうこれ以上母が怒ったり痛い思いをしませんように
そんな祈りを込めて母の手を取った。20071105090011.jpg



母が今飲んでいる薬



精神神経科
パキシル錠10mg
セロクエル25mg錠

内科
レ二ーベース錠2.5
ラシックス錠20mg
パリエット錠10mg
アロシトール錠100mg
ワーファリン錠1mg
リピトール錠10mg

これだけの薬が果たして母を助けているのか、
蝕んでいるのか。

昔のようなはつらつとした母はもういない、、、。

→もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 心と介護

thread: いま想うこと - janre: 日記

TB: --    CM: 7

心を癒したい、、、 

私たちを残して、、、
一人で逝ってしまおうとしていたなんて、、、。

残された私は?

子供達は?

あなたを責めたくて、あなたの前でたくさん泣いた。
言ってはいけないと思ったけれどあなたを責めた。

でも、それ以上にあなたは苦しんでいたんだよね。

欝という病気がいけないんだよね、、、
あなたを鬱という魔力で封じ込めたのだから、、、。

好きで怠けてだらだらしていたのではなくて、
苦しい自分をなんとか紛らわせようともがいていた。

ごめんね、、、ごめん。
判ってあげられるまで時間がかかった。

私は自分の気持ばかり押し付けていたね、、、。

一番苦しいのはあなた。

例えば高熱で苦しんでいる人のだるさや気持ち悪さを、
とっても健康な人がわからないように、、、

時に、何でそんないくらいの?なんでいじけているのと
腹立たしくなってしまう悪い私がいた。

そんな気持ちはすぐにあなたに伝わる、、、。
あなたはますます孤独になり追いつめられる。

もういいんだ、、、
本当にそのままでいいから、
私のそばにいて、、、


お願いだから、、、もう絶対に死のうなんて思わないでね。

あなたの目を見て強く訴えた。

自殺なんかしたら、
私が天国まで追っかけてってばけてやるんだから、、、。
そんなの絶対に許さないんだからね。

いろいろあっても朝が来て、あい変わらずお弁当を作って、
子供達には何気ない笑顔でふるまって送り出し、
お昼を作ってあなたと二人で食べ、
また夜が来て晩御飯を作るわけで、、、

やっぱりその分気が紛れて何とか私自身立ち直れた。

こんなことがあったので、今日は実家に行った後、
一人残したダーがどうしても気になった。
実家近くでダーと待ち合わせして、どじょうを食べに行く。
子供の頃よく父に連れて来てもらったなぁ。a19.10.31C.jpg

19.10.31A.jpg19.10.31B.jpg結構すいていた


どじょうを食べた後、ダーが神谷バーに行こうと言ってきた。
ここに来たらやっぱり電気ブランをたのまなきゃぁ。
          19.10.31D.jpg19.10.31E.jpg

バックミュージックが全くなくて、人々のざわめきが逆に心地よい。

昔、姉の病気のために疲れきっていた母を
よくここに連れだして二人で飲んだっけ、、、。
今はダーの気持ちが少しでもいやされれば、、、と思う。



↓もしよかったらぽちしてね。
なんとかがんばれそうだから、、、。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

category: 主婦

thread: うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - janre: 心と身体

TB: --    CM: 5

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。